全国最大級の風俗情報サイト☆優良店やNO.1嬢をスッキリ探せる!
関東
エリア

秋葉原・神田・浅草橋の風俗情報

隅田川から神田川に分岐している周辺は、浅草橋や秋葉原、神田といったエリアなのですが、この周辺も非常に栄えていて、昔は江戸城下として栄えていた地域でもありました。 現在ではオフィス街や商店街などがある地域として知られていますが、そんな中でも秋葉原はかなり色々と変化を遂げてきました。 昔は神田や浅草橋のようなオフィスや飲み屋が連なる地域だったのですが、その後には電気店が多数秋葉原に出店し、電気街として栄えはじめました。 電気街も、家電からパソコンへと進化していき、パソコンの街として色々なジャンク品や、他では売っていないような製品も多く売られている地域として発展し、駅前も非常に賑わいを見せています。 その後にはヲタクの聖地として栄え、現在に至っているのですが、主にメイドカフェや声優などのグッズといったアニメやゲーム等の製品が多く売られているような地域となっています。 その為、秋葉原にはそれ程多くの風俗店は存在していませんし、完全にヲタク系の店にお客を持って行かれているような感じです。 もちろん風俗店は存在しているのですが、デリヘルが一般的となっています。 また、秋葉原の近くにある浅草橋には、殆ど風俗店が存在していない傾向にあり、この周辺はサラリーマンが多く、一般の住宅街も非常に多くなっていて、隅田川沿いを散歩する人や、ランニングをしている人を多く見かける地域です。 もちろん秋葉原と同様に、全く風俗店が無い訳ではないのですが、キャバクラが少々あるぐらいで、店舗数的にも秋葉原より少なくなっていると言えるでしょう。 では、東京駅や日本橋にも近い神田はどうなっているのかというと、神田も秋葉原や浅草橋よりは風俗店が多いのですが、東京23区全体で見てみると、神田の発展ぶりからは想像できないぐらい少なくなっています。 大半はデリヘルとなっているのですが、神田には多少イメクラなども存在しているので、秋葉原や浅草橋よりは楽しめる地域となっています。 イメクラでは、女の子がOLの格好をしているコスプレや、女子高生の格好をしている店が多くなっているのが特徴で、制服が大好きという人に向いている街と言えるでしょう。 しかし、何で秋葉原や神田、浅草橋は風俗店が少ないのかというと、風俗店の多い地域に囲まれているからではないでしょうか。 東には錦糸町、西には皇居や大使館があるので、店そのものが少なくなっています。 南には新橋や銀座があり、北には鴬谷や千束などがある為、このエリアは一般的なオフィス街やショッピング街となったのでしょう。


©2010 風俗タイムス